スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

最近作ったものを列挙する。

 どうも、悪い癖のめんどくさがり病が出てきてしまって困るけれど、最近記帳をしていないのはそのせいばかりでもない。ウソ。ほとんどそのせい。

 それはさておき。

〈ヒュプノン〉道材(4)/18/6/0/無/道具強化材:幻粉系。幻性子。
〈ヒュプニノ〉道材(4)/6/6/6/無/道具強化材:幻粉系。幻性微子。幻覚現象においてのみ実質と作用するものとして仮定された。
〈クリエンティーヌは迷わない。〉道具(4)/0/4/6/地/魔力珠系。古来より農業を司るものは、未来を見通すものと同一視されてきた。
〈テュプの手紙〉道具(4)/0/4/6/地/魔力珠系。「竜巻から人が落ちてきたときは吃驚したよ。人生何が起こるか分からん。そいつは今、俺の隣にいるしな」
〈回折格糸〉道材(3)/15/5/0/無/道具強化材:クモの糸系。ちょっとした波が重なったり重ならなかったり。

 そして、上記の材料のいくつかを使って、こんなのを作った。

〈呪符:蟲唄カタルマリーナ〉防具(5)/17/14/15/風/防具:護符系。前期ドラランド組札9番。盲目の少女が描かれている。唄うのは地蟲と葉蟲、そして私じゃないものたち。
 レシピ:{水の護符+{純理力珠+優しい風+優しい風}+殺人ビートルの殻+{純理力珠+深き地+深き地}}

 うん、いやまあ、今現在重魔力防具は流行りじゃないのは知ってるし、にしたって紺の魔法衣使うとかいろいろあるとは思うけど、沼地の湿気には紙だしとても弱いけど。まあ、いいじゃないですか。

 最近、幻覚現象の多世界解釈理論を勉強してる。どこまでちゃんと錬金術として成り立っているか危うい分野だけれど、そういうあたりが心地いい。寝る前に一時間、灯りの下で参考文献を読んでいる。今日もちょっと調合したけどあえなく失敗。

スポンサーサイト

2008.06.11 | | Comments(4) | Trackback(0) | カヤツリグサの日記

カムラ

獣数9番?

多くの文章の中で、「カッサリオの眷属」とのみ記されている。
カッサリオをめぐるいくつかの闘争の中で死んだと思われる。

2008.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | パンゲオン・ライオット

皇女ラララリン

 あるときから、こんなうわさが聞かれるようになった。曰く、皇女さまは獣である、と。そのうわさによれば、彼女の腕は地面から生え、腰から下は化け物の頭であり、顔は大きく醜く常に面被りをつけている、と。

図版
http://paganekayaturigusa.blog46.fc2.com/blog-entry-34.html

2008.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | パンゲオン・ライオット

会話

「ほうっておけよ。どうせカッサリオには勝てんさ。」
「どうかな? とにかく、カッサリオも無傷ではいられまいよ。」
「なら、どうする? 彼を止めるかね?」
「俺はごめんこうむるねえ。たしかにモウシュケのだんなには恩があるが、敵をとってやるほどの義理もねえ。」
「実力もね。」
「ハハ、まったくもって仰せの通り。」
 
「……逆に、我々がカッサリオを殺してみるのはどうだろうね?」

2008.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | パンゲオン・ライオット

ダーナ

http://flicker.g.hatena.ne.jp/TimeTide/20080505/p1
http://d.hatena.ne.jp/utsm3/30080505/1209998956
http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080507
図版?
http://paganekayaturigusa.blog46.fc2.com/blog-entry-34.html
いくつかの資料の中で、獣数3番が与えられている。
ある意味では、「パンゲオン・ライオット」の性格を最もよく現した獣といえる。


「名も無き賢者」
獣たちの中で最も気高く、賢く、力ある竜。
他のどの獣よりも聡明にして賢明であった彼は生まれる前に自害した。
Ray,123-6 WHITE UNBALANCE
http://d.hatena.ne.jp/RAY19907/20080506/p1

2008.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | パンゲオン・ライオット

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。